特別な食器をあなたにあげる

実際に食器買取をして、感じた食器の種類について
実際に食器買取をしてみて、食器の種類によって買取価格が大きく違うなと感じました。初見で見た雰囲気では、同じような白い食器でも、実に20倍以上の値段の差がついて、衝撃を受けました。必ずこのお皿が高く売れるということではありませんが、あくまで私の体験談として説明したいと思います。私が実際に買取をお願いしたのは、お皿や陶器、ボールのようなものの約20点の食器でした。具体的には、有名な海外や日本のブランド物の食器や器と、突発的に買ったブランドではないもの、所謂ノーブランドの食器の2つに分けられました。当然とも言えますが、ブランド物の食器は高値で買い取っていただけました。しかし、ノーブランドの食器は、500円にも満たないものが多かったです。だからと言って、ブランド物がすべて高値で売れたということではありませんでした。ブランド物の食器でも、色落ちが激しかったり、欠けや損傷がある食器は高く売れませんでした。その逆もあり、ノーブランドの食器でも、高値で売れた食器もありました。